スポンサーサイト

  • 2011.09.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


徹底反復学力向上セミナーin大阪 〜2日目〜

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会
後援:大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、豊中市教育委員会、株式会社日本標準、パナソニック株式会社、日立ソフトエンジニアリング株式会社

会場:TKP大阪梅田ビジネスセンター

【1時間目】

A:『漢字前倒し学習』桑原健介先生(福岡県水巻町立猪熊小学校)


B:『早寝早起き朝ごはんで不登校防止』山下信之先生(京都府八幡市教育委員会)



【2時間目】

A:『音読・100ます計算』藤井弘之先生(広島県尾道市立土堂小学校)


B:『中学・英語の基礎学力向上』小河原明子先生(大阪市立市岡中学校)



【3時間目】

A:『ICT機器の活用』山根僚介先生(広島県尾道市立土堂小学校)


B:『中学校での徹底反復』宇都宮富士夫先生(広島県呉市立東畑中学校)




参加された方の感想〜アンケートより抜粋〜
○3講座とも実践に直結した内容で、師範模擬授業の形で非常によかった。会場がコンパクトで実感的に学びができたのがよかった。
○漢字の前倒しの具体的な進め方を聞くことができよかったです。
○睡眠の大切さは日頃から分かっていたし、生徒指導もしてきたが実際の現状データがあるともっとそれを伝えられると思いました。
○音読、100マス計算は実践に即したもので、とてもわかりやすく早速使ってみたいものであった。
○とにかく学年での連携がしっかり取れていると感じました。これが根底にあってこそ実行できる取り組みなので、非常に勉強になりました。くり返すことの意味も事ある事に伝えたいと思います。
○具体的に示していただき、分かりやすかったです。書画カメラをはじめ、ICTをもっと活用したいと思います!
○理科の宿題をやってこない子たちのバツに多くの課題を出すことは、以前やったことがありますが、にげられたにがい経験があり思い出しました。100マスを徹底させる意義づけが理解できてよかった。


※講師の先生方の所属は、いずれも2009年3月29日現在のものです。


徹底反復学力向上セミナーin大阪〜1日目〜

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会
後援:大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、豊中市教育委員会、株式会社日本標準、パナソニック株式会社、日立ソフトエンジニアリング株式会社

会場:豊中市市民会館大ホール

陰山英男先生講演(立命館大学教授、大阪府教育委員)


小河勝先生講演(大阪樟蔭女子大学講師、大阪府教育委員)


大阪府岬町立多奈川小学校実践報告


兵庫県加古川市立平岡中学校実践報告



参加された方の感想〜アンケートより抜粋〜
○何度も開いてほしいです。私も反復で教師の質を向上したいからです。知能指数が頭の回転数とは知らなかったので、目からウロコ状態でした。モジュールをしたいと思いました。
○陰山先生のお話から多くを学ばせていただきました。子どもが伸びる授業とは何であるか、またそのために何に気をつけねばならないかについて大変勉強になりました。今年の自分は、正に教師から見た「良い授業」ばかりを追ってしまったように思います。自分がモジュールをできる環境にある以上、もっともっと研修に励んでいきたいと思いました。小河先生のお話も驚くべき点が多く、小・中を通じての学びや生活の基盤をつくることの大切さを教えていただいたように思います。ありがとうございました。
○多奈川小の実践報告で校内研のヒントをいただいた気がしました。
○加古川市平岡中学校の音読には驚きました。「型」にはめるのが悪いというイメージがあります。しかし平岡中学校の様子をみていると「いい型」をつけていると思いました。


※講師の先生方の所属は、いずれも2009年3月29日現在のものです。


基礎・基本の反復で学力向上

福島県本宮市サンライズもとみや、NPO法人日本標準研究所と共催

基礎・基本の反復で学力向上

岐阜県瑞穂市市民センター、NPO法人日本標準研究所と共催

基礎・基本の反復で学力向上

岐阜県瑞穂市市民センター、NPO法人日本標準研究所と共催

陰山メソッド指導者養成講座

江戸川区文化センター、NPO法人日本教育再興連盟と共催

礎基本の反復で学力向上!

名古屋市港文化小劇場、NPO法人日本標準研究所と共催

『教育再生』を徹底反復で!

沖縄県浦添市てだこホール、NPO法人日本標準研究所と共催

基礎基本の反復で学力向上!

大博多ホール、NPO法人日本標準研究所と共催

「『教育再生』を徹底反復で!」

立命館小学校、NPO法人日本標準研究所と共催