スポンサーサイト

  • 2011.09.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セミナーのご案内【11月20日(日)@福岡】

日本標準様と当研究会との共催で、以下セミナーが開催されます。

※チラシや申込み用紙については、以下URLよりお願いいたします。
http://www.gakuryoku.net/seminar/1111seminar/1111seminar.html

*****
『基礎・基本の反復で学力向上!』
■11月20日(日)
■10:00-16:00※9:30受付開始
■会場:香春町町民センター・コンベンションホール
    福岡県田川郡香春町大字高野987-1

■参加対象  保育者、小学校教員、中学校教員、その他教育関係者

■定員    100名
■資料代   2,000円

 ※定員になり次第、受付を締め切ります。
 ※資料代は、当日会場にてお支払いいただきます。
 ※昼食は各自ご用意ください。
 ※駐車場に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。


■プログラム(予定)  ※講演タイトル等は変更になる場合があります。
【午前】 
 ●講演  陰山英男先生  「これからの教育にもとめられるもの」
       (立命館大学教授・大阪府教育委員)
【午後】
 ●講座 〃原健介先生「徹底反復でどの子も伸ばす」(徹底反復研究会九州支部
長)
 ●講座◆〇該僚介先生「徹底反復、その具体的実践」(徹底反復研究会中国支部
長)
 ●実践報告 福岡県内の小学校からの実践報告
 ●質疑応答 等

■主催  NPO日本標準教育研究所、徹底反復研究会
■後援  福岡県教育委員会、香春町教育委員会、(株)日本標準

■参加申込方法(http://www.gakuryoku.net/seminar/1111seminar/1111seminar.html
 より入手してください)
1. ちらしをダウンロードしていただいた上で必要事項をご記入の上、FAXでお送り
ください。
2. 参加申込フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。

●お問い合わせ先
 電話  日本標準教育研究所    TEL. 042(984)1428
 MAIL  seminar1111@gakuryoku.net

●注意事項
○順次参加証を郵送いたします。(参加証は、会場への入場に必要ですので、当日、
必ずご持参ください。)
◎ご記入いただいた個人に関する情報は、当セミナーの参加証の送付のためにのみ利
用させていただきます。
**************

1人でも多くの方からのご参加、心よりお待ちしております。


徹底反復研究会全国大会in京都アンケートまとめ

 2月5日の全国大会参加者へのアンケートで、以下のようなご感想・ご意見を頂戴致しました。
アンケートにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

今後の運営に活かしていきたいと考えております。

今後ともよろしくお願い致します。


 【感想】
      とてもよかったです。参考になりました。

 

     モジュール学習の明確な方針、考え方が分かってよかったです。貴重なお話ありがとうございました。

 

     モジュール教育について、曖昧な知識しかもって持っていませんでしたので、今回内容をしっかりと学ぶことができて大変良かったです。また、様々な実践事例を聞くことができたので、是非参考にさせていただきたいと思います。

 

     実践報告から成果等を見ることで、より興味が湧いてきました。

 

     とても勉強になりました。職場では「本当かな?」という理屈に揺らぎそうになる場面もありますが、事実を第一に頑張ります。

 

     陰山先生の熱いご講演や全国の熱い実践を聞くことができて良かったです。ありがとうございました。幼保の実践も聞くことができ、子どもたちの顔がとても凛々しく見えました。大阪府の和光小での実践も興味深いものでした。校内漢検や百ます検定や地域との連携など、子どもたちの意欲が向上していったことが感じられました。どうもありがとうございました。

 

     すごく良かったです。たくさんの方のお話・講座とても勉強になりました。来て良かったです。また参加できる会は行きたいと思います。学校に帰って頑張りたいと思います。

 

     陰山先生の「新学習指導要領と克服法」は大いに参考になった。各教材とも1〜6年を見通した年間計画をたてる必要がある。他の教師にも考えさせたい。また多治見市教委の取組みは、3つのテーマを掲げ、脳トレという考えから全市的に取り組んでおられるのが素晴らしい。小1ギャップ解消のための幼稚園の取組みは小学校へつながると思う。全市的取組みで素晴らしい。

 

     今回、いくつかの教育委員会と校長先生が発表されたので大変良かった。

 

     数年前から反復は知っていたが具体的に教えていただき本校でも取り入れていきたいと思いました。気にはなっていたが・・・という教師にはすごくやる気が出てくる内容である。

 

     多治見市の実践にはビックリいたしました。幼保から小学校へ上がる準備が万全だと小学校への入学後、すぐ授業が出来ることは素晴らしいことと思います。

 

     八幡市のDSを使っての英語の授業は、これから社会で必要とされる人を育てるために必要な授業だと思います。

     来年度、本校においてもモジュール授業を導入予定。(まだ職員会議にて検討中ですが・・・)大いに参考になりました。モジュールの扱いをどうすれば良いのか・・・そこが難しいですね。やはり課程外とした方が良いのでしょうか?

 

     陰山先生をはじめ、多治見市の坂田指導主事、寝屋川の和光小学校の校長先生方に見られるように、やはりトップの方々が確固たるビジョンを持って取り組まれている市や中学校は力強いなという印象を受けました。では、一教師である自分に何ができるのか?これからの課題です。モジュール学習を校内でもできるよう今日学んだことを生かしていきたいです。

 

     幼稚園教諭です。小学校に入学するにあたり、幼稚園からアプローチすることの大切さを改めて学びました。フラッシュカードや手遊びなどはゲーム感覚で子どもの成長に大きく関われそうです。いろいろと工夫して取り入れていきたいと思います。各先生のお話、パネルディスカッションは大変楽しかったです。ありがとうございました。

 

     モジュール学習など、色々と勉強になりました。学校を嫌がる子、困った子の見方を変え、徹底反復法を取り入れてみたいと思います。ありがとうございました。

 

     来年度からの新学習指導要領について考えるきっかけとなりました。

 

     普段から“なんとなく”感じていたことについての一つの説明としてとても興味深かった。“なんとなく”のままで次年度に行ってしまわないよう生かしていけたらと思っています。

 

     大変貴重な実践の話を聞かせていただきありがとうございました。本校も学力向上に関しての取組みを始めていますが、今回の研修会の内容は十分に参考になりました。

 

 

 

 【要望等】

     地域との連携(安全、防災を通して)をテーマにセミナーを開催してほしい。

 

     初任者、若手向けの講座を希望。⇒理想にもとづく不可解な理屈に毒されていく前に、事実を大切にするという、子どもを伸ばすという視点に気付くきっかけになれば。

 

     模擬授業を実際に参加者も体験できるといいと思いました。

 

     陰山先生の話、もう少し聞きたかったです。

 

 

     モジュールタイムの年間計画のたて方の実際。教材と関連・連動した計画の工夫と実際。(各教育委員会や学校の情報を蓄積したものを発表する等)

 

     全幼稚園や全小中学校へ導入する際の工夫と苦労話など・・・

 

     モジュールタイムの教材開発について

 

     ディスカッションの中にもあったが、中学校での導入の仕方や実践例を少しずつでもよいので入れてほしい。次回参加させて頂く時は、少しは実践を行ってから参加していきたいです。

 

     日本全国各地で実践されている脳トレ学習の実践DVDを観たり、学力向上の効果を報告いただければうれしいです。

 

     今回は主にモジュール学習に取組む行政や学校のトップの方々による発表でしたが、また次の機会にはモジュールに取り組む現場の教員(担任)の実践や感想もお聞きできればありがたいです(生の声)。百マス作文、月曜からクラスでもやってみます。

 

     これからの学力のつけ方についてヒントを得ました。今後もタイムリーなテーマを希望します。

 

     産・官・学は縦割りではいかんなと思いました。くっつきすぎてもいけないし、難しいところです。

 

 

 

                                
      

徹底反復研究会全国大会in京都

 2011年2月5日(土)、徹底反復研究会全国大会を京都市で開催致しました。
当日は先生方をはじめ教育関係者の方約70名の方々に参加していただきました。
皆様本当にありがとうございました。


概要は、以下の通りです。

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会

後援:蠧本標準、京都市教育委員会
  

会場:立命館大学衣笠キャンパス清心館507号室
全国大会会場



【講演】

『新学習指導要領と克服法』
陰山英男先生(立命館大学教授・大阪府教育委員・徹底反復研究会代表)
陰山先生講演(全国大会)




【実践報告(自治体としての取組み)】

『幼保小中連携の学力向上』
坂田俊広先生
(岐阜県多治見市教育委員会指導主事)
坂田先生講演(全国大会)




【実践報告(学校としての取組み)】

『和光小学校の学力向上の取組み』
丸山涼子先生(大阪府寝屋川市立和光小学校校長先生)
丸山校長講演(全国大会)



【実践報告(教師としての取組み)】

『徹底反復でどの子も伸ばす』
渡邊靖之先生(岐阜県公立小学校教諭・徹底反復研究会東海支部長)
渡邊先生(全国大会)



【パネルディスカッション】


《参加自治体実践報告》

川中尚先生(京都府八幡市教育委員会学校教育課指導主事)
八幡市川中様(全国大会)

阿形博司先生(和歌山市教育委員会学校教育課課長)
和歌山市阿形様(全国)

小澤敦彦先生(鳥取県西伯郡伯耆町教育委員会参事兼指導主事)
伯耆町小澤様(全国)


《パネルディスカッション》

パネルディスカッション風景
パネルディスカッション風景

コーディネーター陰山先生
陰山先生コーディネータ

パネリスト坂田先生・川中先生
パネリスト坂田先生・川中先生

パネリスト阿形先生・小澤先生
パネリスト阿形先生・小澤先生


《パネラー・参加者との討論会》

参加者の意見発表(写真は当研究会中国支部山根大文先生)
山根大文先生(全国大会)




当日講演風景
当日風景(全国大会)


どの先生方の発表も学力向上への取組みとして大変質の高いものであったように思います。
パネルディスカッションにおきましても、パネラーの先生方と参加者の皆様とで活発な意見交換がなされ、良き学び合いの場となりました。

発表して頂いた先生方・当日ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。


2010徹底反復研究会冬季合宿

12月25〜26日に静岡県で冬季合宿を行いました。
今年は読売新聞小松夏樹次長にもご参加いただきました。
16名の先生方とROJE学生12名の計29名参加による熱気溢れる合宿となりました。
 
陰山先生講話
陰山先生講話

読売新聞小松夏樹様講話
読売新聞小松次長講話


山根僚介先生(中国支部長)実践発表
山根先生実践報告

蠧本標準中村様【徹底反復研究会】今年度活動報告
日本標準中村さん


合宿会議風景
合宿風景



ROJE関東鷹木君活動報告
ROJE関東鷹木君活動報告

山根大文先生(中国支部)実践発表
山根大文先生実践報告

鈴木夏来先生(関東支部)実践報告
鈴木夏来先生実践報告

関根先生(関東支部)実践報告
関根先生実践報告

ROJE関西福井さん活動報告
ROJE関西福井さん活動報告

城間先生(沖縄支部長)挨拶
沖縄支部長城間先生挨拶


実践発表はもちろん、懇親会においても非常に有意義な場となりました。
社会人・先生・学生との活発な交流ができ、それぞれお互いに良い刺激となった合宿であったように思います。
この場で得た繋がりを今後に活かしていけたらと思います。

ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!

徹底反復学力向上セミナーin佐賀

 2010年12月5日(日)に、徹底反復学力向上セミナーを佐賀県佐賀市で開催致しました。
当日は先生方をはじめ教育関係者の方約60名の方々に参加していただきました。
中身の濃い、大変充実したセミナーとなりました。
皆様本当にありがとうございました。


概要は、以下の通りです。

主催:NPO法人日本標準教育研究所、佐賀県学校用品株式会社、徹底反復研究会

後援:蠧本標準、アバンセ
    佐賀県教育委員会、佐賀市教育委員会
  

会場:アバンセ(佐賀県立生涯学習センター)


【開会挨拶】

株式会社日本標準 代表取締役社長 山田雅彦様
日本標準 山田社長挨拶


【講演】

『これからの教員に求められるもの』
陰山英男先生(立命館大学教授・大阪府教育委員・徹底反復研究会代表)
陰山先生講演



【徹底反復研究会・実践報告】

「徹底反復でどの子も伸ばす」桑原健介先生(福岡県公立小学校教諭・九州支部長)
桑原先生講演



【実践報告】

菊池省三先生 「コミュニケーションスキルトレーニングで学級作り」
(福岡県北九州市立貴船小学校教諭・日本コミュニケーション教育研究会会長)
菊池先生講演


久原伸子先生実践報告
久原先生実践報告




【質疑応答】

陰山先生回答
質疑応答 陰山先生


菊池先生回答
質疑応答 菊池先生


桑原先生回答
質疑応答 桑原先生


【徹底反復研究会紹介】

株式会社日本標準 中村宏隆様
日本標準中村様




参加された方々の感想〜アンケートより抜粋〜

○今まで話をきちんと聞いたことがなかったので「徹底反復」のよさが分かりました。子どもを育てる、子どもが自信を持つ、それを目指していきたいです。実践例(映像)があって、イメージができました。

○今年の4月から講師になって、子どもたちに何かを教えるという立場になったばかりで、何をするにも「これで良いのか。どうすれば良いのか。」と悩んでばかりでした。今回の講演で「誰かのマネをする必要はない」「何でもプラスに」という考えを聞くことができ、今後の自分に少し自信をもって授業ができると思いました。とても勉強になる一日でした。

○反復させるということが、意外と簡単に取り組めて効果を上げることができると思いました。中1の国語科で学級担任をしていますが、明日から国語以外にもできることから反復学習をさせたいと思います。

○陰山先生をはじめ、諸先生方の話は、即明日から実践してみたいと思う内容ばかりでした。私事ですが、一昨年の夏に体調を崩し、1年半の病休を経て、今年度は担外の指導方法、工夫改善のポストで勤務しています。「健康と家族を大切に効率よく仕事をしてください」と言われた陰山先生の言葉が心にしみました。これを機会にまたがんばりたいと思います。

○陰山先生のお話を生で初めてお聞きすることができて大変勉強になりました。また、他の先生方の実践もこれからの実践に生かしていければと思います。子どもたちの映像が何よりその実践のすばらしさを表すものでした。

○あの陰山先生が佐賀に!!という思いで、今日楽しみに参加させていただきました。明日からの元気をたくさんもらえました。本当にありがとうございました。

○ご著書ではソフトなイメージでしたが、実際にはもっとバイタリティにあふれた語り口で、あっという間の陰山先生のご講演でした。様々なデータをもとに分かり易く楽しく反復学習について学ぶことができました。ありがとうございました。午後には実際の学校、クラスでの取り組みや、コミュニケーションの力を伸ばすスキルも教えていただき、参考になりました。熱意ある先生方の取り組みで、変化、成長していく子どもたちの様子がよくわかりました。

○とても楽しみにしてきましたが、想像以上の内容で今日来てよかったなと思っております。特に陰山先生の教師道といいますか、先生たるもののお話はとても興味深く聞かせていただきました。明日から実践をしていきたいと思います。

○陰山先生、桑原先生、菊池先生、いずれの先生もそれぞれの思いがよく伝わり、何よりも実践から導き出された指導なので大変役に立ちました。ありがとうございました。

○佐賀で陰山先生のご講演を聴けることをとても楽しみにしていました。以前から、先生の教育法に興味を持ち、学校だけでなく、家庭においても実践させていただいています。今日のお話の中に今後の教育の中での課題が何かを改めて感じました。また、教師も学び続けることの大切さを感じました。陰山先生、桑原先生、菊池先生、久原先生ありがとうございました。

※講師の先生方の所属は2010年12月5日現在のものです。

 


徹底反復学力向上セミナーin広島(福山)

 2010年6月26日(土)に、徹底反復学力向上セミナーを広島県福山市で開催しました。
当日は先生方をはじめ教育関係者の方約70名の方々に参加していただきました。
皆様本当にありがとうございました。

概要は、以下の通り。

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会中国支部

後援:蠧本標準、福山市教育委員会

会場:まなびの館ローズコム(福山市立中央図書館)


【講演】


『これからの教育に求められるもの』〜早寝早起き朝ごはん、読み書き計算そして国際化〜
陰山英男先生(立命館大学教授・大阪府教育委員・徹底反復研究会代表)




【実践講座】


講座 慍仔鼻戞
森下理奈先生・後藤愛沙先生(徹底反復研究会中国支部)


講座◆愀彁察
藤井弘之先生(広島県福山市立引野小学校教諭)


講座『漢字』
三島諭先生(広島県尾道市立高須小学校教諭)



【質疑応答】




今回は陰山先生が校長を務めていた土堂小学校において、共に教鞭を執っておられた先生方による実践講座ということもあり、実践例が非常にきめ細かく具体的であったように思います。

当日ご参加いただいた先生方からも高い評価をいただきました。


【土堂小学校教員メンバーの皆様】
福山セミナー(土堂メンバー)



参加された先生方の感想〜アンケートより抜粋〜

○とても勉強になりました。モジュール授業を行っていますが、再度自分自身の心構えややり方等を見直し、来週からまたがんばろうと思います。ありがとうございました。
○ 陰山先生の講演で、日本の危機的状況がよく分かりました。一教員として、日本のことを真剣に考えていかなければいけないと思いました。具体的な実践もとても参考になりました。ありがとうございました。
○すぐにでも使える実践で、しかもその効果を感じられ、とても有意義でした。先生方の表情がとても良かった。子どもにつけさせる「学力」。どうすることが大切か、少しわかった気がします。
○「先生の笑顔が子どものためになる」という言葉に救われた気がします。早く寝ます!音読、100 マスの実践を具体的に聞いて、ぜひやりたいと思いました!
○黒板へたくさん書いて板書していてダメだと思ったが、書くことが良いとわかった。同じプリントくり返しが、自信を持たせるいいチャンスだと思いました。
○非常に参考になった。時間とお金をかけて来たかいがあった。あすからの教育実践に生かしたい。発表される講師の方が笑顔でみんな明るいのに感心した。
○日々の実践の中からのお話で、とても参考になりました。先生方がとても楽しく発表をしてくださったのがとても印象的でした。こちらも聴いていて元気をいただいたような気がします。ありがとうございました。
○脳の働きについて、知らなかったことが多々有って、とても勉強になりました。どの先生も話術にすぐれていて、おもしろかったです。英語教育や理科、社会等についても、お話を聞く機会があれば、お知らせください。
○全ての講演内容が、いろんな意味で参考になりました。各々の先生方が一生懸命頑張られているので、その熱意に触れられたことが、明日からの自分の元気につながりました。各々の先生方のご活躍をお祈りしております。本日はありがとうございました。また、山先生の講演される機会がありましたら、足を運びたいと思います。
○月曜からすぐ実践できる講演、講座内容でした。100 ます計算や音読がなぜ大切かということがよく分かりました。ありがとうございました。
○具体的な指導法を教えていただいたので、分かりやすかったです。本校はへき地小規模校で、児童養護施設から通ってくる子、他の学校では難しく課題を抱えた子(不登校など)たちも学区外から通ってくる子たちもいる学校です。家庭的に難しいところも多く、毎日指導に頭を悩ませていましたが、本校の研究を今日の話をもとに見直していきたいと思います。ありがとうございました。
○大変具体的で明日からの実践に生かせそうです。特に100 ます計算で使うプリントは同じものでいいということに驚きました。ありがとうございました。

徹底反復学力向上セミナーin沖縄

 2010年3月27日(土)に、徹底反復学力向上セミナーを沖縄県豊見城市で開催しました。
当日は先生方をはじめ教育関係者の方約70名の方々に参加していただきました。
本当にありがとうございました。

概要は、以下の通り。

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会

後援:蠧本標準
    以下の教育委員会
    石垣市、糸満市、うるま市、大宜味村、沖縄市、嘉手納町、北中城村、
    宜野座村、宜野湾市、久米島町、豊見城市、中城村、名護市、南城市、
    西原町、東村、八重瀬町、与那国町、与名原町

会場:豊見城市中央公民館中ホール


【講演】


『学力は1年で伸びる』〜早寝早起き朝ごはんと読み書き計算で日本再生〜
陰山英男先生(立命館大学教授・大阪府教育委員・徹底反復研究会代表)
陰山先生 講演


【徹底反復研究会・実践報告】


『基礎基本反復で学力向上』 桑原健介先生(福岡県公立小学校教諭・九州支部長)
桑原先生 実践報告


【実践報告】


 愍湘直学校取組み』  宜野座村立松田小学校
松田小学校 実践報告

◆愼常的なICT活用で基礎・基本の定着を図る』 大城智紀先生(読谷村立喜名小学校)
大城先生 実践報告

『基礎・基本の徹底反復で学力を伸ばす取り組み』 崎山美和先生(与那国町立比川小学校)
崎山先生 実践報告


【質疑応答】

質疑応答


【徹底反復研究会員紹介 関東支部 伊藤さきえ先生】

伊藤先生 紹介

09冬季合宿

12月26〜27日に静岡県で冬季合宿を行ってきました。
全国より、申し込まれた20名の先生方が参加されました。


 

陰山先生講話




坂田俊広先生(多治見市教育委員会)実践発表





桑原健介先生(九州支部)実践発表




山根大文先生(中国支部)実践発表




渡邊靖之先生(東海支部)基礎学習力診断テスト研修




三橋勉先生(研究部長)実践発表




関根達先生(関東支部)実践発表




運営等諸協議



実践発表はもちろん、懇親会においても非常に有意義な場となりました。
多くの先生方とも交流ができ、より今後の実践が楽しみになったように感じています。
ご参加下さった先生方、ありがとうございました!

埼玉セミナーのアンケートまとめ

 8月8日のセミナー参加者へのアンケートで、以下のようなご感想・ご意見(要約済)をいただきました。
未掲載のものも含め、今後の運営に活かしていきたいと考えております。
今後ともよろしくお願い致します。


【感想】
○「どのように教えるかばかり研究し、それでどれだけ力がついているかを振り返っていない」まさにそうだと思った。

○徹底反復の成果を見せて頂き、少し体験してみて、子どもが楽しく意欲をもって取り組むことの大切さを改めて感じました。わかりやすくおもしろく講演講座をありがとうございました。

○本当にお世話になりました。陰山先生のお話を聞き、子どもたちに定着させるための簡単な方法を見出すことが大切だと感じました。それが児童にとっても教師にとっても「ラクな」=「楽しい」というのが大前提であり、徹底反復のすごさを知りました。午後のワークショップもそれぞれの時間たくさんのことを学ぶできました。桑原先生、桑名先生は、ご自分の体験等を交えて、明日から自分の学校で子どもたちに提示できるような講座でした。自分自身が今日、大変楽しく時間を過ごせたことは、きっと子どもたちにも通じるご指導であったと思います。本当にありがとうございました。

○充実した時間をすごすことができました。もっと陰山先生の話を長い時間聞きたかったです。実際の授業の様子も映像でみたいです。

○とても勉強になりました。どの講座もすぐ授業に役立つものばかりでよかったです。ありがとうございました。

○“子どものやる気が出る”という事を実際に体験できました。音読や漢字前倒しは特に楽しんでできました。すぐにも学校使える実践を教えて頂き、9月から実践して生かしていきたいと思います。本日はありがとうございました。

○ワークショップ2学期以降、自分の学級に生かしていきたいという気持ちがとても強くなりました。また陰山先生のお話から「楽に」「おうちゃくに」という言葉で少し肩の力を抜きながら、けれどもやりたいことはしっかりやろうという思いをもつことができました。ありがとうございました。

○私は、徹底反復は大切だと思って学校で実践してきました。でもなかなかセミナー等で勉強できなかったので、今日は一日とても勉強になりました。また自分自身の自信にもなりました。今までやってきたことの大切さを改めて実感しました。一つ一つの実践を工夫してクラスの実態に合わせてやってきたと思いました。今日は本当にありがとうございました。

○「授業で勝負」といった気持ちで思う存分取り組んでいるが、学力向上につながらない現状である。本日の講義は陰山先生のすばらしい講演並びにすばらしい実践されている先生方のご指導いただき、2学期から授業改善を図る上で、大変参考になりました。基礎基本の反復これこそが学力向上につながること、楽しい授業づくりの工夫が大切であることを痛感しました。理論と実践を通して、様々なことを学ぶことができました。ありがとうございました。今後もこのような講演会がありましたらお知らせいただければ幸いです。

○授業の中で、子どもたちを見てほめていきながら、規律をつくっていく大切さがわかり、とても役に立ちそうです。テンポやリズムもよくて、楽しいセミナーでした。ありがとうございました。


【要望等】
○実践報告をたくさんお聞きし、方法と成果・課題を教えていただきたいです。

○「音読」についてもっと詳しく知りたいと思いました。

○私は「書く」ことを中心に学級経営を進めていっています。「書く」ことについての全般のこと、また自主学習のノートのつくり方など、工夫したノートについての実践などを教えて頂きたいです。

○国語・算数は基礎ですが、今回「理科でも徹底反復」という講座があることから方法は同じなのかもしれませんが、理・社の学力を上げる実践についてもお聴講したいです。

 


徹底反復学力向上セミナーin埼玉

2009年8月8日(土)に、徹底反復学力向上セミナーをさいたま市で開催しました。
関東地方では初の開催です。
ご参加頂いた方々の熱心な姿勢が印象的でした。

概要は、以下の通り。

主催:NPO法人日本標準教育研究所、徹底反復研究会
後援:埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、株式会社日本標準、日立ソフトエンジニアリング株式会社

会場:埼玉芸術文化振興財団埼玉会館

【講演】

『新学習指導要領の中での教育課題』 陰山英男(立命館大学教授・徹底反復研究会代表)



【ワークショップ1時間目】

A:『漢字前倒し学習』 桑原健介(福岡県公立小学校教諭・九州支部長)


B:『学習カードカルタ』 三橋勉(千葉県公立小学校教諭・関東支部長)



【ワークショップ2時間目】

A:『音読・100ます計算』 桑名良幸(立命館小学校教諭・関西支部長)


B:『ICT機器の活用』 山根僚介(広島県公立小学校教諭・中国支部長)



【ワークショップ3時間目】

A:『基礎学習力診断テスト』 渡邊靖之(岐阜県公立小学校教諭・東海支部長)


B:『理科でも徹底反復』 山本正実(石川県公立小学校教諭・北陸支部長)